地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『第1回中之島映像劇場 美術と映像:戦前から戦後へ ――東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品による上映会―― 』@国立国際美術館に行ってきました


土日で行われていたこのイベント。定員130名だったので午前中に整理券配布したのでもらっておいたけど、そこまで混み合ってはおわらず午後に行っても入れたかな。

【上映作品一覧】
 上映作品は変更する場合もあります。特記以外は全て東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵です。サイレント作品の上映時間については一部不確定なものがあり、暫定的な数字を入れています。


 


 Aプログラム:映画の再発見:戦前ヨーロッパにおける前衛映画(1時間8分)


  *冒頭に20分程度の解説が付きます。


 


  フェルナン・レジェ(1881〜1955年)《バレエ・メカニック》(1924年/16分/白黒/サイレント)


   Fernand Léger, Ballet mécanique


  ルネ・クレール(1898〜1981年)《幕間》(1924年/19分/白黒/サイレント)


   René Clair, Entr’acte


  アンリ・ショメット(1896〜1941年)《純粋映画の五分間》(1926年/5分/白黒/サイレント)


   Henri Chomette, Cinq minutes de cinéma pur


  ジェルメーヌ・デュラック(1882〜1942年)《貝殻と僧侶》(1927年/20分/白黒/サイレント)


   Germaine Dulac, La coquille et le clergyman


  オスカー・フィッシンガー(1900〜67年)《習作7(ハンガリアン・ダンス五番)》


  (1931年/3分/白黒/サウンド)


   Oskar Fischinger, Studie Nr. 7 (Ungarischer Tanz Nr. 5 von Brahms)


  オスカー・フィッシンガー《習作8(魔術師の弟子[デュカス])》(1931年/5分/白黒/サウンド)


   Oskar Fischinger, Studie Nr. 8 (L’apprenti sorcier von P. Ducas)


 


 Bプログラム:.美術と映像:戦後日本における胎動(1時間40分)


 


  勅使河原宏(1927〜2001年)《北齋》(1953年/23分/白黒/サウンド)


   Teshigahara Hiroshi, Hokusai


  勅使河原宏《動く彫刻 ジャン・ティンゲリー》(1963年撮影/1981年再編集/14分/白黒/サウンド)


   Teshigahara Hiroshi, Sculpture Mouvante - Jean Tinguely


  羽仁進(1928年〜)《絵を描く子どもたち ―兒童画を理解するために―》


  (1956年/38分/白黒・パートカラー/サウンド)


   Hani Susumu, Children Who Draw Picture


  松本俊夫(1932年〜)《銀輪》[デジタル復元/三色分解アナログ合成版]


  (1956年/12分/カラー/サウンド)


   Matsumoto Toshio, Bicycle in Dream


  松本俊夫《白い長い線の記録》


  (1960年/13分/カラー/サウンド/フィルム提供:川崎市市民ミュージアム


   Matsumoto Toshio, A Record of Long White Lines


これだけ見れて無料てすばらしいー。たぶんフィッシンガーのハンガリアン・ダンスは見たことあるような気がするけど、ほとんどはじめて見ました。どれもいいんだけど、フェルナン・レジェの《バレエ・メカニック》がもーすごい、これおもしろいです。見たのはサイレント作品だけど、youtubeのは音付。実際はこんな音がついてたんだねー


Ballet mecanique (1924) Fernand Leger - Part 1