地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


久住昌之原作・水沢悦子作画『花のズボラ飯』がおもしろすぎる


花のズボラ飯

花のズボラ飯


家人が買ってきたので予備知識ゼロで読んだマンガ。涙出るほどおもしろいマンガひさしぶり、まだ1月だけど2011年上半期ベスト3には入ると思われる『花のズボラ飯』。読んで字のごとく、ズボラ主婦花ちゃんのズボラすぎるズボラ飯。パンチ力と破壊力のあるマンガです。すごいリアリティ……!私こういう人知ってるよ……!!「リッチリッチニナリッチ!!」などの完全独り言の名言続出。すばらしくくだらなくて総合評価としてまじですばらしいです。