地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


難波『絵本カフェ holo holo』と高島屋『エル・ポニエンテ・ブニュエロス』


雑誌で見てから気になってた難波の『絵本カフェ holo holo』に到着。




店内にはたくさんの絵本。セットものと非売品以外はリサイクル価格の500円で購入できる仕組み。思ったよりせまくて本棚は片側の壁半分くらい。




からすのパンやさんというオリジナルブレンドコーヒー。思いつきで行ったためお腹がすいておらずコーヒーのみ。


店内がせまいせいか片側の壁が鏡張りになってるんだけどこれはちょっとどうかと…。中津にある『絵本と珈琲 ペンネンネネム』は店員さん含め雰囲気すべてが森ガール森ママ仕様だとすると『絵本カフェ holo holo』のベクトルは子どもに向かってる感じ。トータルするとペンネンネネムのが好きだけど、幼児連れてくならholo holoかなー。今度はミニチム連れて来たいな。


日本橋という場所柄のせいか、あとから入ってきたお客さんたちがふつうにオタク文化の女子たちでそれはそれでおもしろかったです。普通ぽくしててもしゃべりでオタク人だとバレるけど「あとでアニメイト寄ってこー♪」という一言で確定。日本橋だもんね、アニメイトあるよね。こういうのは中津のペンネンネネムにはぜったいないおもしろアピールポイントかと思います。





難波に来たついでに先月くらいに「しっとこ!」で見て、食べたいねーと言いあってた高島屋の『エル・ポニエンテ・ブニュエロス』の揚げシュークリーム"ブニュエロ"を購入。家人が帰ってきたらいっしょに食べまーす。


絵本カフェ holo holo

食べログ絵本カフェ holo holo

お探しの店舗のページはありませんでした