地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


教育テレビ『N響アワー 〜武満徹と映画音楽〜』


昨日の夜やってたのを録画して見てみました。


タイトル通り武満徹が手がけた映画音楽解説つきで紹介。篠田正浩の『心中天網島(しんじゅうてんのあみじま)』(1969)を映像をまじえて解説してたんだけど、バリのガムランやトルコの楽器を使った武満徹の音楽ももちろんだけど脚本を担当してるのが富岡多恵子とか映画自体かなりおもしろそうで興味津々。


心中天網島 [DVD]

心中天網島 [DVD]


どんな映画かな。