地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


こどもについて

私自身が4人兄弟(末っ子)ということもあって、なーんにも考えなければ子どもが5人くらいいる生活も楽しそう。3人兄弟だと1:2になりそうだけど4人兄弟は2:2とかじゃなくむしろみんなバラバラで適当な関係で面倒じゃないのがいいと思う。多兄弟だとそこで小さな社会ができあがるのがいいと思います。うちの兄弟の場合、兄弟間の連絡網はいちばん上の姉から3人に放射状(決定権は姉にある)。ちいさい頃は末っ子の私がすぐ上の兄にいじわるされてみんな総出でその兄をしめてくれるという(それってループするんじゃ…)それぞれの役割がありました。私以外、みんな体育会系。


しかしいま3人目が欲しいかと言われると「いやちょっと……」と相当躊躇します。核家族での妊娠・育児・家事・仕事のセットが想像以上にしんどい。実母はおばあちゃんと同居してたけど、公務員だったんで4人それぞれ産後6週間で仕事復帰してたっていま考えるとすごいわー。産後6週間だよ?三歳児神話とか聞くたびに、うちの兄弟みんな、働いてた母のことだいすきだけどなーて思います。


そして4人とも3年保育で3歳まで日中おばあちゃんに見てもらってたのかと思うと、おばあちゃんの体力もなかなかやるな……と思わざるを得ません。