読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


ハート大阪秋まつり「御堂筋kappo」と「中之島は大きな帆船」


12日の日曜日。経費削減のため今年からなくなった御堂筋パレードにかわるイベント「御堂筋kappo」。歩行者天国になるのは梅田新道から本町間の御堂筋で、御堂筋パレードの半分以下くらい。街角コンサートや物産展なんかが中心。午後にちらっと行ってみたらせんとくん(大人気)がいたのでせんとくん・ミニチム・私のスリーショットで記念撮影しました。写真のミニチムはまったくうれしそうではありませんでした。

イベント終了間際の歩行者天国の市役所前。橋下知事と宮崎県の東国原知事のトークショー、ちょっと見たかったけどすごい人だったみたい。


13日の祝日。家人は休日出勤だったのでミニチムとふたりでお出かけ。

「10月12・13日の中之島は大きな帆船」は大阪の真ん中にある中之島を大きな帆船に見立てて繰り広げられる、若いファミリーや面白いことに敏感な人たちが楽しめる新しい形のイベントです。こども達が海賊になって、船に乗り中之島をラリーする「パイレーツ・オブ・ナカノシマン」や中央公会堂前でのブラスバンドコンサート。美術家・井上信太による水鳥3000羽のインスタレーション、帆船食堂や1日乗り放題の乗船チケットも発売されます。

という感じのイベントでミニチムはワークショップとかまだまだ参加できないけどお散歩がてらのぞきにいきました。

中央公会堂前でのブラスバンドコンサート。なかなか愉快な音楽。

海賊になったこども達を先導する「パイレーツオブナカノシマン」のコスプレ女船長。「お前たち、早くしないか!」「あっはっは!」等々はたから聞いてるとアニメぽくて面白かった。

外国の方々のバグパイプの演奏の練習風景。そのなかのガタイのいいおじさんから「ハロー」と気さくに声をかけてもらい、ミニチムはバグパイプの人が書いてあるへんなシールをもらいました。ミニチムは超気に入ってずーっと持っていました。