地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


アート・アニメーション・フェスティバル2008

恒例のアート・アニメーション・フェスティバル2008@芸文センター。今年はシュヴァンクマイエルかー(また?)て思ってたのだけど、さすがにそれだけじゃなくて、日本の自主制作アニメーションもあわせて上映されるみたいで、行けないけど名前を見たりしてるとわくわくする。シュヴァンクマイエルはもういいけどそっち見てみたいなー。気になるところは浅野優子『五つの指の庭』(1988)や『蟻の生活』(1994)、Qwi Film『KUROMAME the magic wand★』(2006)、山田園子『ウツのウミ』(2006)や『bridge』(2007)とか。こういうアニメーションはなかなか機会がないと見れないから見に行けるひとがうらやましいー。