地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『野いちご(Smultronstallet/Wild Strawberries)』(イングマール・ベイルマン/1957/スウェーデン)

人との付き合いを拒んで友人を持たなかった老人医師イサク。名誉博士号を受けるため現地まで車で向かう途中に見る白昼夢のようなイサクの人生の回想。老いること、老いても生き続けること、死ぬことへの恐怖、償えない罪を抱え幸福だった過去を思い出すこと、後悔、自責の念。息子の行動に対して強く責任を感じるイサクに胸が苦しくなる。当時のベルイマンは39歳。39歳にしてこういう作品を撮れることが脅威。

野いちご [DVD]

野いちご [DVD]