地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『武士の一分(いちぶん)』(山田洋次/2006)

キムタク主演のかるーい時代劇。キムタクは何見ても同じ演技するのが気になる。見所のはずの決闘のシーンがしょぼすぎてどこが盛り上げどころが分からない。同じ時代劇でも三隅研次の撮る眠狂四郎のずば抜けたかっこよさには到底かなわず。ただひとつ、壇ちゃんはとってもいい。

武士の一分 [DVD]

武士の一分 [DVD]