地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


John Cage 100th Anniversary Countdown Event 2007-2012

■John Cage 100th Anniversary Countdown Event 2007-2012
日時:11月10日(土)14:00-15:30(13:30開場)
演奏曲:SONG BOOKS (ジョン・ケージ作曲, 1970)
演奏者:稲垣貴士、竹村ノブカズ、ニシジマ・アツシ、HACO、深川和美(ソプラノ)、前林明次、村井啓哲
20世紀の芸術や文化に、多大なる影響を与えた作曲家、(故)ジョン・ケージの生誕100周年を2012年に迎えます。
「John Cage 100th Anniversary Countdown Event」は、ケージの功績に敬意を表し、2007年から2012年までの5年間、コンサートやワークショップなど様々な催しを、彼の生誕100周年に向けて、カウントダウンするかたちで開催します。
ケージは、“芸術”音楽という密室の窓を次々に開き、あらゆるものを招き入れ、合理主義的で予定調和な音楽から音を解放し、“聴く”という行為の創造性を示しました。さらに「芸術と生活・人間と環境」の境界を取り去り、一体となれる道を示そうと行動しました。ケージが示した芸術観や自然観は、時代の精神を先取りし、21世紀の芸術が向かうべき方向を既に示唆していたのではないでしょうか。
いまケージの足跡を再考し、音をとおして自然・環境に関心をもつことは、とても意義深いことだと考えます。
John Cage Countdown Event 実行委員会
[入場料] 1000円・定員100名(先着順・全席自由)
*11時より整理券を配布いたします
[会場] 国立国際美術館B1階講堂
[企画・主催] John Cage Countdown Event 実行委員会(JCCE)
[会場]国立国際美術館

ものすごく行く気満々で、土曜日だし時間も昼間だし長くないし家人にミニチム見ててもらって絶対行こうと思ってたのだけど家人はその日出勤するらしく超涙。でも無認可保育にちょっとだけ預けたらいいのかも。でも11時からのチケット配布時は連れて行ってもすぐ配布してくれるのかな、何時から並べばいいのかな、ミニチム連れて並ぶのしんどいかな(ミニチムにとっても)、そもそもミニチム3時間弱くらい預けても平気かな、預けたとして30分450円だとして、でも前日には言っておかないといけないわけで、ああでもせめてストローでお茶くらい飲めないとまずいかな、とかぐずぐず悩む。

そこまでして行きたいかと言われるとそこまでして行きたいのでものすごく悩む。