地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『暖簾(のれん)』(川島雄三/1958/東宝)

大阪の昆布問屋の父子二代の物語。大阪の老舗昆布屋である小倉屋をモデルにした山崎豊子の小説が原作。何しろ掛け合いがものすごく面白い。この大阪の商人の掛け合いがなければ作品が成り立たないくらいの勢い。川島雄三のこういうところがすごく好き。親子二役の森繁久彌も女房役の山田五十鈴もすばらしい。夫婦の初夜に「何事堪忍」とくちびるをかみしめる主人公に思わず笑う。

暖簾 [DVD]

暖簾 [DVD]