地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


ランチとオムツ入れの籠

朝から公園を散歩。平日の朝散歩て優雅。日に日に桜の花が咲いていく。

お昼前に自宅でピックアップしてもらってトーカイさんとリナちゃんと和食ランチ。さすがに地元にいる友達はいろんなお店知ってるのねー。地元を離れてしまった私はもうぜんぜんついていけない。たらふく食べたところでオムツ入れのことを気にかけてくれたトーカイさん(ありがとう)が雑貨屋さんへ行こうと提案してくれて雑貨屋さんへ移動。育児の先輩リナちゃんにアドバイスを受けつつ念願のフタ付き籠を購入(無印よりは断然いい)。北欧カフェでお茶してお腹いっぱい。食べすぎ。

そういえばソフロロジー式分娩法で産んだはずのリナちゃんに「ソフロロジー式で産むと痛くないってほんと・・・?」と聞くと「痛いよ!」と即答。そうなんだーソフロロジー式分娩法でも痛いものは痛いのね。

分娩時にアクセサリー関係をしていてはいけないので結婚指輪をはずす。むくんではずれなくならないようになるべく早くとるように言われてたけど手は特にむくんでないようで普通にはずれた。ずっとしてたのでないとないでちょっとまだ不自然。