地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『木立の中の日々』(マルグリット・デュラス/1976/フランス)と『ベル・トゥジュール』(マノエル・ド・オリヴェイラ/2006/フランス)

3月18日に東京日仏学院にてビュル・オジエのトークショー付で上映された『木立の中の日々』(マルグリット・デュラス/1976/フランス)。いいなあ、そもそも見たことないのだけどスクリーンで『木立の中の日々』てうらやましい(DVDとかって出てないのかなー?)。すでに終わった「フランス映画祭2007」のサイトを見ていたらマノエル・ド・オリヴェイラの『ベル・トゥジュール』(この作品にもビュル・オジエが出てるのね)もあったのね、しかも今日TOHOシネマズ高槻でやってたんだ・・・(実家から高槻はすごい遠いけど)。わあ、なんかいろんなものが見れてない、がーん、とちょっと思ってしまった(ベイビーのせいではないよ、とお腹にむかって言い訳)。『ベル・トゥジュール』が本格的に大阪で公開されたら見に行かせてね。>やさしい家人へ