地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


里帰り先で

実家近くの姉の家に頻繁に行くのだけど(姉も仕事をしているので甥が学校終わってすぐ帰ってこれるように留守番してたりとか)、昼間行くと玄関先にキャベツが2個くらい行儀よく並んでたり野菜が置いてあったりするのに感動する。いいなあ近所のひとからのおすそ分け。今日はピンポーンとチャイムが鳴ってモニターに人が映らないのでなにかな、と思って外に出ると、となりのお家の5歳になる小さな男の子(超かわいい)が優しいちいさな声で「ママが、トマトどうぞって・・・」て20個くらいトマトが入ったでっかいビニール袋をよたよたしながら持ってきてくれて、きゅーん。かわいい・・・。叔母としてはちゃんと隣のお家の男の子のおかーさんにお礼を言いに行きましたとも(私がなぜ姉家族がいないのに姉宅にいるのか他人には若干微妙なんだけども)。