地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


『風船』(川島雄三/1956/日活)

ゆらゆらと揺れて気の向くままの風船は、脇役の美しいシャンソン歌手役の北原三枝であったように思えた。タイトルと主人公がかみ合わない映画でありながら脇役の人生は川島雄三の得意な、流れ流れていく人間の性を描いている。元天才画伯、いまは実業家役の森雅之木屋町のバーに勤めるるい子の中に何を見て何を求めていたのか。

風船 [DVD]

風船 [DVD]