地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


マシュー・バーニー『クレマスター・サイクル』ノンストップ上映

大阪市立鶴見区民センター・大ホールででマシュー・バーニー『クレマスター・サイクル』ノンストップ上映。上映作品は『クレマスター1』『クレマスター 2』『クレマスター3』『クレマスター4』『クレマスター5』。午前11時30分から午後8時までという長丁場のマシュー・バーニーデイ。マシュー・バーニーて実は見逃しに見逃していて初めて体験。会場は専門学校生みたいな子達が多かった。学校推薦映画?

で、マシュー・バーニーの作品は、豪華絢爛、お金のかけ方は半端じゃない大作アート映画。セクシャリティや歴史、神話など様々な分野の要素を取り入れた物語は大半は理解しにくい。正直『クレマスター1』が一番まとまりのある面白い作品。アメリカンなアートて感じが全体を包んでいる気がした。世界各地を駆け巡り、世界遺産紀行を彷彿とさせるすばらしい絶景(景色はすごいけど・・・)、昆虫の生態を映し出すCCD拡大カメラを彷彿とさせるマシュー・バーニーの脱出劇など、なんか不思議な映像も多々。ゲイリー・ギルモアもハリー・フーディニーもよく知らないためオマージュといわれてもピンとこない。ところでマシュー・バーニーはフット・ボールの特待生だっただけあってロッククライミングですいすいのぼっていったり、元モデルなだけあって男前。

大好き!て感じの映画ではないけれどそれなりにそれぞれ楽しんだ。でも腰がいたい・・・。