地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


近江八幡

家人と行こうと約束していた近江八幡へ。名神の京都通過はやばいかも、ということで京滋バイパスを通ってスイスイ。目指すは日牟禮八幡宮に隣接する(和菓子の)たねや帝国・近江八幡日牟禮ヴィレッジ。到着すると駐車場にも入りきれないくらいの各地方からたくさんの車で大賑わい。とりあえず日牟禮八幡宮で参拝。境内には鯉のぼりがたくさんつるしてあった。


(私個人の)第一の目的はたねやの洋菓子版・クラブハリエ日牟禮館本店でウワサの出来立てバームクーヘンを食べること。1Fは洋菓子全般とパン(!)をショーケースに並べて売っている販売メインとケーキなど食べられるカフェ。2Fはバームクーヘンが食べられるサロン。できたてバームクーヘン(化粧箱に入っているバームクーヘンとは違う)を買うのに2時間弱待ち、という長蛇の列はエスコヤマを彷彿(ハリエのほうがだいぶ規模が大きいけど)。その列を横目に2Fのサロンでバームクーヘン3切れと紅茶のセットを頼んで食べる。(サロンでも)列を作って待っているお客がいるのにゆったりした給仕は正しいのか不明だけど非常にのんびりした雰囲気。丸太のようなバームクーヘンを目の前で切ってカットしてくれる形式。こんなにふわふわしたシフォンケーキのようなバームクーヘンは初めて。おいしかった。


1Fにあるハリエのパンのショーケース。食パン1斤420円とちょっと高級。


次は向かいにある、たねや日牟禮の舎でぜんざい。怒涛の甘味大作戦。待ち時間おそらく1時間以上。その間に近所の八幡堀あたりを散歩。私が頼んだのはおすすめ品のよもぎぜんざい。おいしいのだけどさっきのバームクーヘンがきいて半分くらい食べて少しづつ甘味に萎えてくる。なんとか食べ終わったころにはもうしばらく甘味はいりませんという心境。隣で家人はかるーく食べていた。なぜ?特別甘味好きでもない家人のほうがどっちもおいしく味わったみたい。


たねや帝国を満喫したので今度は家人が行きたかった西の湖周辺ドライブ。のどかな風景でのんびり。


帰ってきてから買ってきたハリエのパンを撮ってみた。明日の朝はキッシュとフォカッチャ。おいしいかなー。ところでクラブハリエは大阪でも阪神百貨店の (たねやの向かい側)地下にあるらしい。記憶にない・・・。もしかしてできたてバームクーヘンはそこでも食べられるのかな。