地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


堤遠く 水光ほのかなり


ベーグルのことを考えるようになってから知った全国のベーグル好きたちをうならせる大阪のお店「4th Street Bagel(フォースストリートベーグル)」。マザームーンカフェとかにも卸しているベーグル屋さん。営業時間が短かかったりするのでなかなか行けなかったとこ。新町にあるということでお店へ向かうと閉まっている。なんでー楽しみにしてたのにーとがっかりするも気を取り直して大正の店舗に行く。おお、うつほさんの言ってたとおりベーグル屋さんというか仕出しの弁当屋。厨房にはパートのおばちゃんたちがせっせと仕出し弁当を作っている。イートインできるはずのカウンターの前にはどっかり弁当が山積みでとてもイートインはできない・・・。肝心のベーグルは6種類くらいあって、プレーン・クルミ・チョコチップを購入。それとテイクアウトでベーグルのハム&チーズ(家人用)とB.L.T.(わたし用)。お店の人に聞いたところ、新町のお店のあるビルはマンションが建設されるそうで閉めて、いまは大正の店舗だけなんだそう。

スタバで飲み物をゲットして中之島公園でフォースストリートのベーグルを食べる。たしかにおいしい。もっちり加減としっとり加減と歯ごたえがじつに絶妙。サンドの中身は普通だけれどベーグル自体がとてもおいしい。少し涼しくなってきてこうして外でベーグルを食べるのって爽快。中之島公園に来たのはサンドを食べるためのほかに、三好達治(1900-1964)に詩碑を見たかったから。でも残念ながら中之島新線の工事で隔離されていたため詩碑は見られず。

中崎町のカフェ某Pはスタバとかで接客を習って出直したほうがいいと思う。

家人が「どうしてもうどんが食べたい」と言うので久しぶりに船場の(「松葉家本舗」改め)「うさみ亭マツバヤ」に行く。おいしい。大阪に来て初めて知った"おじやうどん"はやっぱりおいしい。

映画『堕天使のパスポート(Dirty Pretty Things)』(スティーヴン・フリアーズ/2002/イギリス)。英語で話すオドレイ・トトゥ。ロンドンに住む不法滞在者というテーマは重くそれを差し引いても惹かれない作品。