地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』ラヴ。
文系家人と10歳と6歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


誇りも、禍いのもたらす高揚も、死を恐れない気持も、


偉大さも与えてはくれない絶望、食べ過ぎた心の絶望。

BAGELBAGEL」に行ったときに道をはさんだ正面に今秋 ZARA の梅田店がオープンすることを知った。オープンしたらちょっと見に行きたいな。

この間 instinct by MIDWEST に寄ったときに、id:aozorafactoryさんおすすめの MACOU'S BAGEL CAFE があったので(何度も通りがかっていたはずなのにはじめて目についた)2種ほど買ってみた。で、今日は家人が遅いようなので晩ゴハンとしてよもぎベーグルを解凍して食べてみる。ほんのり甘くておいしい。あごが疲れるも完食。そういえば今日は朝はアンデルセン、昼はブーランジェリータカギ、夜はマコーズというパン生活。ベーグルのほかに夢中なのはレーズンパン(こちらも突如目覚める。昔は苦手。主にお昼ゴハンとして食べる)。いろんなお店で買ってみたけどポール・ポキューズのパン・オ・レザンがただいまのベスト。

映画『パリ・ルーヴル美術館の秘密(La Ville Louvre)』(ニコラ・フィリベール/1990/フランス)。世界最大規模を誇るルーヴル美術館の舞台裏で働くスタッフに密着したドキュメンタリー。調理人や消防士などを含め1200人ものスタッフがいることや、地下道が15kmにも及ぶこと、インタヴューなどはなく、働く彼らを淡々と映すことでルーヴル美術館自体に興味を持った。