地味な映画と地味な音楽が好き。
マノエル・デ・オリヴェイラ『世界の始まりへの旅』、
ビクトル・エリセ『マルメロの陽光』が好き。
文系家人と10歳と7歳の女の子2人、シャルトリューの男の子とひっそり暮らし中。


2008-08-11から1日間の記事一覧

中国インディペンデント映画祭@プラネットプラスワン

上記ジャ・ジャンクーのインディ映画が思ったよりとても良くて9月にプラネットプラスワンである「中国インディペンデント映画祭」に興味。こういう賭けみたいな映画を見に行くのって贅沢だなーといまの私は切実に思ったりする。

『殺人の追憶(Memories of Murder)』(ポン・ジュノ/2003/韓国)

韓国の大ヒットメーカー・ポン・ジュノの映画。2時間刑事ドラマ気分。ぼんやり見てても単純明快わかりやすい。おもしろくもなくつまらなくもない、うっかり2時間見てしまったよ的な映画。殺人の追憶 [DVD]出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメン…

『一瞬の夢(小武/Xiao Wo)』(ジャ・ジャンクー/1997/中国、香港)

ジャ・ジャンクー長編デビュー作。当時27歳でこういうエッジの効いた映画を撮れてしまう才能にちょっと驚き。すごい。スリを稼業に生きる若者。農村出身の若者の、出口のない焦燥感、孤独をざらついた映像で描く。ジャ・ジャンクーのほかの作品を見てみたい。

周回遅れ

まったくカルチャーについていけない今日このごろ。朝7時30分あたりにあるエンタメニュース系ではなく、もうすこーしアートよりのカルチャーについて。昔は芸文センター(名古屋)のアートスペースAで上映されるアートフィルム・フェスティバルとか毎年楽しみ…